プログラムの紹介

前半にワークショップ、後半に座談会を各1時間ずつ行う、全体で2時間のプログラムが基本です。

STEP1 ワークショップ

中高生5~10名、社会人1名のグループワークです。

扱うテーマは、仕事で直面する答えのない課題。

仕事をするうえで大切にしたい不変の価値観から、ビジネスの最前線で話題になっているニュースまで、取り組む内容は様々。

中高生の状況や実施時期に応じてアレンジし、学校現場にお届けしています。


【ワークショップのテーマ例】

・バリューチェーンを考える~スマホが手元に届くまで~

・2030年の未来予測~科学技術の進歩により社会はどう変わるか~

・「選択」の基準を考える~7人の患者~

・学習塾を立ち上げよう~「できない」を「一歩踏み出す」に変えるコツ~

・社会に一番求められている学校とは何か?


STEP2 座談会

社会人と中高生の、テーマに縛られない直接の対話。

中高生からは、身近な勉強や部活の悩み、将来をどう描けばいいか、といった多様な質問が社会人に投げかけられます。

座談会で彼らが受け取る唯一無二のアドバイスは、日常をちょっと変えようという一歩につながっていきます。